iphoneケースにはどういった種類の物があるのか

iphoneケースにはたくさんの種類があります。携帯ショップだけではなく、雑貨屋などに置かれているものもあり、もはや本体を守る携帯グッズというよりはオシャレのためのグッズという位置付けになっています。種類は色々ありますが、形状で大きく分けると手帳型ケースとカバーケースの2種類に分けられます。ここでは、この2つについて詳しくみていきます。iphoneを保護するのがそもそもの目的ですが、それ以外の機能を加えられる構造になっているものもあります。使用感などは使ってみないとわからないので、気になる場合は装着可能なサンプルが豊富なお店を利用するといいでしょう。もしくは、口コミなどを参考にして使用感を想像して試してみるという方法もあります。

カードを収納できる手帳型ケース

手帳型のiphoneケースは、手帳の形になっていて開くとiphoneを取り付ける部分ともう片方にカードなどを入れられるポケットがついています。ケースによって詳細は異なりますが、開いた時にカードが入れられる機能がついているので、ここにIC機能付きのカードを入れて電車通勤などをスムーズにしている人が多いです。とめる部分の構造は物によって違いますが、磁石をつけて開閉をスムーズにしているものが流行っています。この磁石がiphoneに対して悪影響を与えることはありません。ただし、磁石とiphoneから生じる磁力が磁気カードに対して影響を与えてしまうことがあるので、銀行系のカードは入れないほうがいいでしょう。手帳型ケースは種類が豊富でオシャレなものが多いです。

操作の邪魔にならないカバーケース

手帳型ケースはものが入れられるので、カードなどをたくさん収納したい人には適しています。ただし、開いて使う必要があるので、蓋が落ちてきて操作を邪魔してしまうことがあります。操作の邪魔をしないのが、カバータイプのケースです。側面と背面の部分を覆うようにiphoneをはめて使います。軽さを重視するのであれば側面だけを保護することができるバンパー型のiphoneケースもあります。手帳型と違ってカードを収納できるタイプは少なく、iphoneの背面と側面を傷つかないようにする機能のみです。シンプルですが、おかげで操作の邪魔になるものがなく、ポケットや鞄から出してすぐに使うことができます。頻繁に取り出して使う人にはシンプルなカバーケースが使いやすいでしょう。